これがNCAAのMarch Madnessだ!

アメリカ国内における全国大学生スポーツ大会をNCAA大会(National Collegiate Athletic Association)と言います。例年3月に優勝をかけた最終決戦が行われる事からMarch Madnessという愛称で親しまれています。この時期は仕事そっちのけで街中が歓喜に沸きます。大学生と言っても既にオリンピックやナショナルチームで活躍している学生選手も多く、もう大人と区別がつきません。これがNBAと並びNCAAバスケットボール大会が大人気であり続ける理由の1つです。

NCAAとは、アメリカ国内の大学における各種スポーツにおける学生選手のあり方から全国大会までを運営する大規模組織で大学生スポーツを1つにまとめています。DivisionⅠを最も強いチームのグループとしてDivisionⅠ、Ⅱ、Ⅲと各大学チームを3つのレベルに分類します。重要なのはランキングだけではなく、DivisionⅠとⅡはスポーツ推薦入学の制度があるのに対しDivisionⅢはそれがありません。大学側は進学に必要な全ての費用を免除してまでも優秀な選手を受け入れます。また学生は、金銭的貧困を理由に大学進学とスポーツの両方の夢を諦めずに済みます。一人の学生の人生を大きく左右するこの重要なシステムをNCAAが上手く運営してくれているという訳です。

女子NCAAバスケットボール大会は1982年に第1回目を迎え今年で37回目となりました。2018年4月1日に全ての試合が終了したところです。2017の準決勝ではMississippi State大学が王者Connecticut大学に挑みました。予想外の接戦の上に、最後の1秒で誰も予期しなかった小柄な若手選手Morgan William選手(167cm)(180-190cm以上が多い中)によるブザービート逆転シュートにより起きた波乱が今も記憶に新しいです。https://www.ncaa.com/video/basketball-women/2017-04-01/wbk-501-connecticut-mississippi-state-final-four

殆どの選手がそのままNBAへ採用されるというConnecticut大学は2018年、去年のリベンジに燃えています。準決勝でNotre Dame大学と対戦しました。ここでもまた奇跡が起きました。エースのArike Ogunbowale選手によるまたもやブザービートでConnecticut大学が破れたのです。これが起きたのは金曜日でした。決勝はその2日後の日曜日にNotre Dame大学と昨年の優勝校Mississippi State大学とで行われました。ここでもArike Ogunbowale選手による0.1秒での逆転3ポイントが決まり奇跡の優勝という形で全ての試合が終了しました。https://www.ncaa.com/news/basketball-women/article/2018-04-01/watch-arike-ogunbowales-second-game-winner-final-four-gives それにしてもこんなにブザービートシュートが起こるなんて、これがNCAAのMarch Madness です。

コラム一覧へ

お電話でのお問い合わせはこちら

092-409-1417

06-6354-3385

@NEXT STAGE