アメリカ人のスマホにほぼ100%に入っているアプリ;Uber(ウーバー), Lyft(リフト) ってなに?

日本からの旅行者を迎える時にいつも問題になるのは移動手段です。広大な土地を誇るアメリカでは、隣の州に行くのにも飛行機が必要なくらいです。電車もバスも張り巡らせられていません。よほど都会に在住しない限り人々の移動手段は自家用車で、旅行者にはタクシーが必要になります。それゆえ通勤時間帯には恐ろしい程の交通渋滞が発生します。時間の損失だけでなく、過剰な排気ガスによる環境破壊は現在の最も深刻な社会問題です。そこで、トラビス・カラニックTravis Kalanick氏は「乗り合い車」の文化を現在社会で再現する為に2009年にギャレット・キャンプGarrett Camp氏と共にウーバーUberを創業。一般人の空き時間と自家用車を使う乗り合いタクシーの仕組みを構築したアプリを使用する「乗り合い車の配車サービス」です。類似アプリのLyft(リフト)はUberとは若干異なるサービスで、この2つをダウンロードしておけば欧米の旅行中に不自由しないでしょう。

Uber創設の目的は、車の数と過剰排気ガスを減らし環境破壊を緩和させる事です。彼らの育った環境は、自家用車を持つ人が村を出て買い物に行く時、誰かが病院を受診する時、近所の人と乗り合わせる事が当たり前でした。まさに、テクノロジーを用いた古き良き時代の再現であり、環境汚染を食い止める役割を担う社会貢献とビジネスが融合した成功例ではないでしょうか。 

アプリは各国の言語に対応しています。注意点は、必ず日本国内を出る前にアプリのダウンロードと日本のクレジットカードを登録する事です。使用方法は予め乗車位置と降車位置を地図上に設定し、この経路から適切な運転手が選ばれます。依頼から数分もすると希望する場所にUberやLyftのタグを付けた自家用車が迎えに来ます。お互いの名前を確認しその車に乗り込むと行き先を説明しなくても、運転手のスマートフォンには既に経路案内が表示されており、事前に登録したクレジットカードで支払うので運転手とのやり取りも不要です。空港や大きなショッピングモールではシェアライドshare ride専用の乗り場が指定されています。運転手は休暇中の学生アルバイトから、副業として主婦や日中仕事を持つ人、つい最近失業した人など多種多様です。審査を経て認定された運転手は利用者から5段階評価を受け結果によっては認定の取り消しもありえます。評価の高い運転手を好んで選ぶ利用者もいます。

コラム一覧へ

お電話でのお問い合わせはこちら

092-409-1417

06-6354-3385

@NEXT STAGE